投稿者 : admin_miyakojima 投稿日時: 2014-12-03 22:33:39 (614 ヒット)
メッセージ

 今年も残すところわずかになりました。この一年間どうでしたか。色々な事があったことでしょう。私にも色々な事がありました。知人や友人、家族に支えられて過ごすことができました。もちろん主イエス・キリストに支えられ導かれたことを感謝しています。

 私を覚えて祈ってくれる方がいるということは、大きな励ましであり慰めであり支えであり、感謝です。
 さて、12月というとクリスマスですね。神の御子が人となられてこの世にお生まれになった出来事です。神という永遠に死ぬことがないお方が、死ぬために人となって来てくださったのです。全知全能なる神の御子であったお方がその力を制限され弱いものとなってこの世に人となって来てくださったのです。あなたと関わり合いをもつために来てくださったのです。人として貧しい者となって人の生きる憂い悩みを体験され、本当の意味であなたを理解し慰め励ますために、人となって来てくださったのです。そして、あなたの救い主として来てくださったのです。その事を覚え心から感謝と喜びを持ってクリスマスを祝うものとなりましょう。イエスがお生まれになったイスラエルの国はアフリカ大陸とアジア大陸とヨーロッパ大陸が交わった所にあります。そのためイエス・キリストの福音は全世界に速やかに宣べ伝えられていくことができたのです。ここにも神の御計画があったことを知ることができます。あなたのため、あなたと関わりを持つために来てくださったイエス・キリストの御前に静まってクリスマスを祝ってみませんか。
 

 当教会のクリスマス礼拝は12月21日(日)午前10時30分よりです。


投稿者 : admin_miyakojima 投稿日時: 2014-10-17 14:36:55 (614 ヒット)
メッセージ

  私が中学生のとき教頭先生が自習時間に来てお話しをしてくださいました。北大の入試試験の中から「人と人間との違いは何か」という事でした。三木清氏はその著書の中で「孤独は山になく街にある」と述べています。似たような内容ではないかと思います。

 三木氏は孤独は一人の人間にあるのではなく、大勢の人間の「間」にある。孤独は「間」にあるものとして述べています。
 家に妻や子どもたちが居る。しかし誰からも無視されているという父親が居るのではないでしょうか。家庭の中で、教室の中で、会社の中で大勢の人が周りにいるにもかかわらず、人から無視されたり、しかとされて、孤独の中にある人はいませんか。そのような中にある人のところに主イエスはインマヌエルとして来てくださったのです。「神われらと共にいます」という意味です。主イエスは孤独の中にある人の友となり関わりを持つために来てくださったのです。多くの人々がイエスにあって慰められ、強められてきました。あなたもぜひイエス・キリストを知って、素晴らしい体験をしてください。


投稿者 : admin_miyakojima 投稿日時: 2014-05-07 10:52:15 (779 ヒット)
メッセージ

 新緑の季節を迎えました。

 教会の前の桜は若葉をいっぱいに繁らせており、教会の庭にも色々な草が青々した葉を繁らせています。教会に来ていた京大の農学部に通っていた女学生は私に「雑草という名の植物は有りません」と言われたことがありました。それは道端や土手にはえている草を雑草と言って、いろいろな植物を一つにまとめて見るのではなく、それぞれの名のついた違った植物であることを言わんとして言ったものだと思います。

 私たち人間も一人一人性格も性質も考え方も違う、一人の独立した人間として存在しているのです。たとえ一卵性双子として生まれてきて、顔も声も同じように見えても、考え方や性格もそれぞれ違う個性を持った存在なのです。人間はそれぞれ個性を持ったもの違う者として存在させられているのです。

 人間は生きている以上、色々な悩みや苦しみによって不安な生活を送らねばならない時があります。そのような人を主イエスは「すべて、疲れた人、重荷を負っている人は、わたしのところに来なさい。わたしがあなたがたを休ませてあげます。」と招いておられるのです。人それぞれの個人的な問題や悩みを理解して受け入れて下さり、それぞれに相応しい取扱をしてくださり、救いへと導き、平安と慰めと励ましを与えてくださるのです。

 イエス・キリストの招きに応答してみませんか。

 聖書に「だれでもキリストのうちにあるなら、その人は新しく造られた者です。古いものは過ぎ去って、見よ、すべてが新しくなりました。」(2コリント5:17)と記されています。あなたもキリストにあって新しい者としていただこうではありませんか。

 


投稿者 : admin_miyakojima 投稿日時: 2014-04-01 00:11:55 (882 ヒット)
メッセージ

 
 教会の前にあるサクラが咲きはじめました。
 
 桜の花が咲くためには、寒い時期を通らなければ桜の花は咲かないそうです。桜の樹に花芽ができ、それから寒い冬を通して春を迎え、暖かくなってはじめて花が咲き始めるのです。生け花に使う場合でも桜の枝を冷蔵庫の中に入れ、寒さの中を通してから暖かいところに置くことによって花を開花させることができるとのことです。この事から私たちは良い教訓を学ぶことができるのではないでしょうか。

私たちの人生のには色々な事があります。良い時もあれば、辛く苦しく悲しい時があります。人生における冬の時期です。しかし、どのような寒さの厳しい冬でも必ず春がやってくるのです。桜の花芽が寒い厳しい冬を通って春を迎え美しい花を開花するように、あなたがどのような辛く厳しい冬の時期にあってもやがて暖かい春を迎え、美しく花を咲かす時が来るのです。今、あなたはこのような状況の中にあるかもしれません。けっして落胆したり、失望してはなりません。やがて暖かい春を迎え美しい花を咲かすことが出来るのです。希望を持って日々積極的な思いを持って歩んでいきましょう。使徒パウロはローマ人の手紙の中で「患難さえも喜んでいます。それは、患難が忍耐を生み出し、忍耐が練られた品性を生み出し、練られた品性が希望を生み出すと知っているからです。この希望は失望に終わることがありません。」(ローマ人への手紙5章3、4節)と述べています。冬の厳しい寒さの中にあっても、それは学びの時であり、訓練の時であり、育みの時なのです。品性を磨く時であることを知って忍耐と希望を持って歩んでいきましょう。やがて暖かい春が来て、美しい花を咲かせる時が来るのです。
 
 主イエスは、どのような時も私たちを慰め、励まし支えてくださるお方です。あなたの良き友、良き相談相手、良き教師となってくださるお方です。ぜひ、イエス・キリストを知ってください。

 


投稿者 : admin_miyakojima 投稿日時: 2014-03-01 00:00:00 (825 ヒット)
メッセージ

  三月を迎えました。日本には季節を表すいろいろな言葉があります。その一つに啓蟄(啓蟄)という言葉があります。二十四節気の一つ、陰暦二月の節で、陽暦では三月五日ごろですが、今年は三月六日です。啓蟄はこの頃、地中の虫がみな動き、戸を啓(ひら)いて初めて外に出ることをいいます。この語は俳句の季語にもなっています。春の季語の中に初雷を意味する季語の中に虫だしの雷、虫出し、という季語があります。雷の音に驚いて虫が穴から出てくる事を指しているようです。立春以後はじめての雷で春雷とは気象の上では区別はないが春の雷とは別の趣がある季語です。古賀まり子さんの俳句に「虫出しの雷飛び立つ大鴉(おおからす)」という句があります。雷の音に驚いて虫ばかりでなく、カラスまで飛び出してくるとは何となく笑みが出てしまう句ですね。


三月は卒業や転勤の時期です。別れや新たな出会いがあるでしょう。どのような人との出会いがあるか楽しみであり、ちょっぴり不安でもあったりしませんか。人との出会いにおいて色々な影響を受けたり、学ばされたり、教えられたりするでしょう。

 私はある人との出会いにおいて大きな影響を受けました。私はその方によって人生が変わったのです。高校三年生の時、同じ列車で通学していた同学年の友人を通してキリスト教会に導かれ、その方に出会いました。その方とはイエス・キリストです。イエスにあって救いの恵みに与かり、私の人生は変わりました。聖書に「だれでもキリストのうちにあるなら、その人は新しく造られた者です。古いものは過ぎ去って、見よ、すべてが新しくなりました」(コリント人への手紙第二 5章17節)、この聖書の言葉のように私はイエス・キリストに出会い、救い主と信じたことによって新しく造り変えられたのです。この新しいという言葉は、時間的な新しさではなく質的な新しさです。人に信頼して裏切られたり、失望することがあります。しかし、イエス・キリストは信じる者を決して裏切ることなく、失望させることはありません。私はイエスを信じて五十年になりますが、一度も裏切られたり、失望させられたことはありません。私が裏切ったり失望させたりしても、いつも赦し支え導いてくださいました。私は愚かで無きに等しい者ですが、いつも愛をもって支えてくださいました。この素晴らしいイエス・キリストをあなたに紹介したいのです。是非、キリスト教会へ行って、イエス・キリストに出会ってください。イエスの素晴らしさを知ってください。


« 1 2 3 (4) 5 6 7 ... 10 »
メインメニュー
最新メッセージ
iphone & Smart phone

|スマートフォン表示| 

わたしたちの教会は
聖書信仰に立つ正統的
キリスト教会です

日本アッセンブリーズ
・オブ・ゴッド教団
関西教区
 http://ag-kansai.com/

ログイン
ユーザー名:

パスワード:


パスワード紛失

京都府京都市南区唐橋経田町27−1 筍娃沓機檻僑沓院檻苅僑械
唐橋神愛キリスト教会 牧師 伊藤正躬 伊藤志真子
copyright 唐橋神愛キリスト教会 【PR】福音のためのホームページ制作 工房ヒラム
Theme Designed by OCEAN-NET